いのちの大切さ出前講座事業15周年記念DVD

公益社団法人認定、いのちの大切さ出前講座事業15周年記念

DVD・(BD)の制作にあたり

本会は、4月より公益社団法人として認定され、公益社団法人群馬県助産師会として新たな第一歩を踏み出しました。公益目的事業として、「いのちの大切さ助産師出前講座」が位置づけられています。本事業は全国に先駆けて15年前より実施しており、県・市の委託事業として公的事業化され、毎年県内の小学校だけでも約三分の一の学校に出向いています。昨年度は130の小・中・高等学校・養護学校、児童・生徒、保護者、教職員等約2万人以上に「いのちの現場からのメッセージ」をお届けしました。本講座は第一回「こころを育む総合フォーラム」全国運動の全国大賞、第61回保健文化賞を受賞し、さらに小学校の道徳の副読本(文溪堂 生命尊重「あなたが持つ生きる力」)にも採用されています。またNHK教育番組 学校放送教材として道徳ドキュメント「命ってあったかい」のモデルともなっており、多くの反響が寄せられています。

 

このたび、本事業15周年の節目に当たり、記念事業として、講座の普及・啓蒙活動を目的にDVD(BD)を制作しました。多くの関係者のご理解、ご協力をいただき、一年がかりで、ようやく完成の運びとなりました。改めて心より感謝申し上げます。講座で伝えたいことや実践を盛り込み、約17分と約13分のダイジャスト版の作品となっております。今日、中学生がいじめを苦にして自ら命を手放すという痛ましい事件が相次いでいますが、「生まれてくること」のすごさ、「生きていること」の素晴らしさを伝える本講座は、親子関係を見つめ直し、自分を大切にし、他の人も大切にできるようにとの願いが込められています。本講座は、会員がプロジェクトを組み、月一回の研究会は15年間続き、今までに200回以上にも及んでいます。メンバーが心と力を合わせ、通年かけて精力的に取り組み、常にスキルアップをめざしております。本メディアは撮影から編集、パッキングまですべて会員の手により制作しました。何分にも素人故にできばえもそれなりのものですが、思いだけは伝わると自負しております。

 

 

クリックで拡大します。是非ご一読ください。

うれしいお便り!

ナレーションを担当して下さった NHKラジオ番組「つながるラジオ」のキャスターを務められた石山智恵さんよりうれしいメッセージが届けられました。

 

 

いよいよ年の瀬も押し詰まってきました。

お忙しくお過ごしのことと思います。

また、このところの寒波は

そちら群馬にも、厳しい寒さをもたらしていることでしょうね。

 

 この度は、ご活動15周年という貴重な節目のDVD制作に

お声掛け頂き、とても嬉しく思っています。

改めてDVDを拝見しましたが、どんな感動的な映画やドラマにも勝る

心動かすメッセージが詰まっていると感じました。

大震災を経験し、また、子どものいじめが後を絶たない中、

いのちの尊さ、大切さを伝えるご活動は、

一層、意味を増していますね。

助産師さんたちのご努力の結晶ともいえるこのDVD

ひとりでも多くの方のもとに届きますよう、

私も、チャンスがあれば、皆さんにご紹介したいと思います。

 

新しい年が、希望に満ちた一年になるといいですね。

どうぞ、よい年末年始をお過ごしください。

 

また、お目にかかれますこと、ご一緒できますこと

楽しみに致しております。

この度は、本当に有難うございました。

                      石山 智恵