群馬県助産師会立の助産所が開設されることになりました☆

 ~☆~☆ぐんまの女性と子どもたちを笑顔にする助産院を開設したい☆~☆~

プロジェクトをご支援下さい!!

 

 本会は開設65周年となりますが、これまでの活動は、独立した事務所もなく前会長の助産院の一部と公共の施設をお借りして運営してきました。そのため、母子支援は訪問型が中心となっておりました。 

 この度大きな融資をいただき、母子支援の充実に向け、前橋市に助産師会立の助産所を開設することになりました。ご融資により建物は購入することができましたが中身はまだ空っぽです。そこで、ご理解のある方々に開設準備に向けて費用の一部を応援していただけないかと クラウドファンディングに挑戦 することと致しました。

 この場所を、たくさんのママと赤ちゃんに利用していただき、笑顔の発信基地にできたらと思います。母と子の、そして家族の笑顔のために、会立助産所整備のための資金づくりへのご協力を、何卒よろしくお願いいたします。(詳細は上記文章中の「クラウドファンディングに挑戦」をクリックして下さい)

 

令和2年度 独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業

助産師による「ママに笑顔をプレゼント」サポート事業スタート  !

妊娠中から産後の子育てまで、ママの不安に寄り添って助産師がサポートします。

詳細は以下のファイルをダウンロードにてご覧下さい。

  申込み方法:jyosansi-008@docomo.ne.jp  に、Eメールにて①~⑤記入

        ①希望のコース

        ②氏名

        ③住所

        ④連絡先(TEL&Eメール)

        ⑤出産予定日orお子さんの生年月日 

 

ダウンロード
令和2年度「ママに笑顔をプレゼント」サポート事業チラシ.pdf
PDFファイル 643.5 KB

ぐんま妊娠SOS ~ もう一人で悩まないで ~

ぐんま妊娠SOS HP 開設しました

※ 電話相談に加え、メール相談もスタートしています

不安を抱え悩んでいる方は、どうぞご相談ください

ダウンロード
にんしんSOSぐんま.pdf
PDFファイル 626.2 KB

群馬県助産師会のホットな情報❀

平成30年・令和元年度「ママもたまにはリフレッシュ事業」終了しましたm(_ _)m

平成29年度 虐待防止公開講座  新聞数紙に掲載 !

講座の反響も大きく、新聞社3紙に掲載されました。以下のPDFファイルよりご覧下さい。

 


  東京新聞(公開講座前と講座後の記事)  ・  毎日新聞掲載記事      ・   上毛新聞掲載記事 

ダウンロード
公開講座「思いがけない妊娠相談窓口から見えてきたもの」 新聞記事.pdf
PDFファイル 1.4 MB

子育て・女性健康支援センター電話相談

あなたのそばに助産師がいます。

赤ちゃんのことで悩んでいるお母さん、悩み多き思春期を過ごしている皆さん。

様々な悩みをお持ちの女性の方々、どんな些細な事でも結構です。お気軽にお電話ください。

群馬県助産師会は、群馬県から委託を受け「子育て・女性健康支援センター」として、多くの女性の悩み相談を承っています。


妊婦・子育て相談

育児全般に関するお悩み

妊娠やお産に関する不安

お産後の不安

など

詳しくはこちら

思春期相談

何となく不安で気持ちが落ち込む

異性とのつきあい方で悩んでいる

月経が来ない...妊娠しているかも

など

詳しくはこちら


~ トピックス ~

「いのちのメッセージ」&「夜回り先生講演会」終了しました!

 多くの感動を呼び、盛会裏の内に終了しました。定数700席のところ事前申し込みは約1200名!多くの方々から関心をお寄せいただきました。広報を開始してまもなく一か月で満席に。お申し込みをいただきながらご希望に添えなかった方々には申し訳なかったのですが、またの機会がありましたらよろしくお願い致します。

いのちのメッセージ  第一部動画1部分

                (13分間)

 

素晴らしい朗読に会場のあちこちから涙を誘う場面が・・・・

夜回り先生のほとばしるような力強いメッセージに聴衆から感動の渦が・・・

実行委員の皆さまお疲れさまでした

夜回り先生を囲んではい!いいお顔!


   2016.1.17 「いのちのメッセージ&夜回り先生講演会」開催しました

第63回読教賞 地域社会教育部門 最優秀賞

第63回読売教育賞 地域社会教育部門 最優秀賞を受賞いたしました。

授賞式の模様と合わせて、ご紹介します。


体験学習「じょさんしのいのちのおはなし」

動画が視聴できます

本会では、すべての子どもたちが「生まれてきてよかった」と思えるよう、いのちの誕生にかかわる専門職として「いのちの現場」からのメッセージを小・中・高校生に届けています。