公益社団法人 群馬県助産師会とは

❁ 会長就任の挨拶 ❁

                                                                              

 令和2年度の定期総会を経て会長に就任いたしました。先輩方がこれまで築き上げてきた群馬県助産師会は今年設立65年を迎えました。この節目に会長に就任したのも何かのご縁を感じております。前会長の鈴木先生は26年間の長きにわたり本会の組織強化と事業拡大そして公益法人への移行に尽力してくださいました。後任としての重責を引き受け、微力ながら力を尽くしたいと思っております。

新執行部を中心に会員と一丸となり公益目的事業や課題に取り組むことで、地域に根差した群馬県助産師会にしていきたいと考えております。今年度は新たに保健指導型の助産師会立助産所を開設できることとなりました。開設も間近となり、会立助産所を有効に活用していくために準備をしております。未だ新型コロナウイルス感染拡大で先が見通せない中、周産期医療や行政の母子保健事業においても制約を余儀なくされる状況があります。この助産所が、妊産婦さんや子育て中のご家族のお気持ちに寄り添える空間、そして産後の心身を癒やせる場所になればと思っております。地域の母子保健事業にも従来以上の助産師の専門性を発揮し、群馬の母と子を笑顔にできるよう取り組んでまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    

     公益社団法人群馬県助産師会 会長 眞下由利子                                                                              

 

 

 

   

❁ 群馬県助産師会のあゆみ ❁

今からさかのぼること100年前には助産師は産婆と呼ばれていた時代が有りました。常に母と子の幸せを願いながら戦前・戦中・戦後と激動の中を、駆け抜けてまいりました。いのちに寄り添い、その叡智と確かな技術、献身的な働きに救われた人々ははかり知れないといわれています。そうした、大先輩たちの専門職業人としての在り様は、世代を超え今の私たちに脈々と引き継がれています。時代の流れと共に、社会も大きな変貌を遂げ、いまや世界で類を見ないほどの少子・高齢化を迎えています。母と子を取り巻く社会環境も変化し、育児不安や家族の機能不全とされる虐待等新たな課題も生じてきました。助産師の多くは病院や診療所に勤務していますが、市町村の母子保健事業や開業して地域で活動している助産師もいます。本会の前身母体は地域で活動していた産婆会です。

再建、そして発展

平成6年、再建により本会は生まれ変わりました。15年前は、本会会員の大多数が明治・大正生まれの高齢者からなり活動も休眠状態でした。後継者も得られず将来への展望を見い出せないことから、法人解散を決議し手続き中でした。官報にも解散の告知がなされ、精算人も定めほぼ解散手続きが終了するところまで進んでいました。再建は困難を極め、数年かかりましたが、助産師への社会的な要請も高まるのではと将来を見据え、何とか22年ぶりに法務局に登記でき、新たな道を歩みはじめることができました。平成9年度、母子保健事業の市町村移譲に間に合ったのです。

 

県のご支援をいただき、壊滅状態だった組織の体制整備をし、県内の大方の市町村と契約を結んで今日に至っております。いまや、会員の世代交代も図られ、若いエネルギーが地域の母親たちに元気を与えています。さらに12年前より取組んでいる「いのちの大切さ助産師出前講座」も全国に先駆けた実績ある看板事業となりました。一年間に約2万人の方々に「いのちの現場からのメッセージ」を届けています。また子育て支援センターの電話相談事業も一年間に1,000件を超える相談が寄せられています。こうして行政・教育機関とのより良きパートナーシップのもと助産師会も着々と歩んでまいりました。

全国規模の二つのビッグな賞

こうした日頃の地道な活動が評価され全国規模の二つのビッグな賞を受賞しました。一つは第一回「こころを育む総合フォーラム」全国大賞です。本会の「いのちの大切さ出前講座」の活動が受賞対象となりました。引き続き、第61回「保健文化賞」も受賞しました。公衆衛生の分野で活躍している個人や団体の顕彰をしていますが、受賞者は、ホームレス支援、自殺防止、虐待などの社会の今日的課題の取り組みをしている方々や団体です。贈呈式の翌日、皇居にて天皇・皇后両陛下への拝謁の栄に浴しました。61年間の歴史のなかで助産師会としての受賞は本会が初めての快挙でした。
厚生労働省が策定した21世紀の母子保健のビジョン「健やか親子21」を受け、群馬県でも「健やか親子21inぐんま県民運動」を策定しましたが、県助産師会の課題はすべての項目において目標値を上回り大きな成果を得ました。それが二つのビッグな賞の受賞のポイントとなりました。

みなさまへの感謝、そして今後

本会は少ないマンパワーを効果的に生かし、組織として行政の母子保健事業への取り組みを積極的に行なっていますが、そうした日頃の地道な活動が評価されたのです。そこで祝賀会のかわりに受賞を記念していただいた副賞金を基に、社会貢献のために役立つ記念行事を行ないたいということから記念事業として朗読劇「ハッピーバースデー」を開催しました。県民1,500人の参加を得て大きな足跡を残すことができました。少規模団体では有りますが、存在感は多くの場面で評価されています。これも会員一人一人の地道な努力の賜物と感謝しております。
今後も、公益事業の3本柱「行政の母子保健事業の委託事業」「いのちの大切さ助産師出前講座事業」「地域母子支援センター事業」を軸に、専門職としてのパワーを発揮して専門的自立能力を発揮できるよう県民の福祉向上に寄与できるような組織としての役割を担っていきたいと願って

います。

         
         

 

 

 

 昔の産婆さんが使っていた往診カバンです 

❁ 資料一覧 ❁

ダウンロード
公益社団法人群馬県助産師会定款 令和2年11月改正.docx.pdf
PDFファイル 292.8 KB
ダウンロード
理事及び監事に対する報酬等の支給の基準 .pdf
PDFファイル 55.9 KB
ダウンロード
役員名簿(令和2年8月改選).pdf
PDFファイル 71.3 KB
ダウンロード
令和3年度事業計画書.pdf
PDFファイル 264.2 KB
ダウンロード
令和3年度 正味財産増減予算書.xlsx.pdf
PDFファイル 144.5 KB
ダウンロード
令和2年度 貸借対照表.pdf
PDFファイル 79.0 KB
ダウンロード
令和2年度 財産目録 .pdf
PDFファイル 131.0 KB